加美北日誌

2013.12.06生活相談員 A・T
シカゴ研修⑤

 突然ですが、知らない人に自分から話しかける事って、普段そんなにないですよね?

 昨年シカゴに行った時、現地の方に話しかけられることが多くてビックリしました。エレベーターに乗り合わせると、「Morning」「Where are you from?」と毎回のように声をかけられ、道を歩いているとそんなにぶつかりそうでもないのに「Excuse, me」と言われました。英語で満足に返答できず申し訳なかったのですが、そのように声をかけてくれることは嬉しいものです。また、様々な施設に訪問しましたが、訪問先では当たり前のようにお茶やお菓子、お土産が準備されており、アメリカの「おもてなし」を十分感じました。

 当たり前のことかもしれませんが、言葉や文化が違っても、配慮や声かけって人間関係を築く上で重要なんだなと改めて気づきました。ご利用者への良い接遇、気持ちよく働ける職場、円滑な人間関係のためにも、自分からコミュニケションを図ること、相手に伝わるようにすることが必要だと研修を通じて強く感じました。異文化との交流を通じて学ぶことって本当に多いですね!

 今年11月、今度はシカゴから大阪に社会福祉事業従事者の派遣団が来られました。「おもてなし」していただいた分お返しできるよう、また私たち以上に発見や学びが得られるよう微力ながらお手伝いさせていただきました。

上の写真はシカゴの夜景です。あまり綺麗に映っていませんが、少しでも皆さんに現地の様子が伝われば嬉しいです。

終わり

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る